思い出の種類をコントロール

思い出の種類はさまざまですが、楽しい思い出はより多くあった方がいいものでしょう。そのような人の中には、実際に楽しい思い出をどんどん増やせる人もいます。しかし、楽しい思い出を思うように増やせないという問題を抱えている人もいるかもしれません。楽しい思い出は、どうすれば増やすことができるのでしょうか。その問題を解くカギは、心構えにあると思います。
自分の目の前で起こる事実は変わらなくても、それを楽しいものと認識することができれば、それは楽しかった思い出になるはずです。つまり、自分の感じ方をコントロールすることが大切だといえます。例えば、家族が何気なく言った言葉やしてくれたことに対して、面白い・幸せという感情を強く思い起こすことができれば、忘れられない・楽しかった思い出に転化できるものです。また、仕事で自分の全力を投入しても対処しきれないほどの重圧を感じているときも、このような経験は人生で二度とないかもしれないと感じることができれば、エキサイティングな経験として記憶されるかもしれません。自分の心の中にある感謝の心を大きく育てて、困難にも前向きに向き合うことができれば、その体験を楽しい思い出にすることができます。
思い出が楽しいものになるかどうかは、人生を送るにあたって自分がどのようなスタンスで生きているかといった価値観が、大きく影響するはずです。その価値観を自分でコントロールしていく心構えが、思い出の種類を変えていくのではないでしょうか。

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

固定ページ

アーカイブ

タグ

カテゴリー